HOME » 緑内障への効果が期待できる漢方成分

緑内障への効果が期待できる漢方成分

漢方が緑内障治療に期待される理由

ここでは、緑内障への効果が期待できる漢方についてまとめています。

漢方には、「全身を総合的に改善してバランスを整えることで不調を解消する」という基本的な考え方があります。つまり、緑内障などの疾患から身を守るには、まず体を構成する「気」「血」「水」という3つの要素のバランスを正常な状態に改善することが大切だという考えです。

「気」とは、体を動かすエネルギーのこと。主に食事などをして、体のあらゆる機能を動かすために必要な要素となります。このエネルギーが原動力となり、「血(血液)」「水(リンパ液などの体液)」によって、栄養が体中に行き届くよう循環させているわけです。

3つの要素が整いバランスよく循環すれば、新陳代謝や防御力なども保て、自然治癒力が高まります。そうなれば、緑内障など目の病気に対しても抵抗できる体がつくられます。

こうした考えのもと、数百年にもわたる経験の積み重ねで体に良いとされるさまざまなものを組み合わせて処方するのが、本来の「漢方」なのです。

正常眼圧緑内障と漢方

緑内障は眼圧が高いだけでなく、眼圧が正常でも緑内障と診断されるケースがあります。いわゆる「正常眼圧緑内障」、日本人に最も多いタイプです。

正常眼圧緑内障の患者に共通する特徴として、末端血管の循環が悪いという点が挙げられます。冷え性、低体温、低血圧な方で、頭痛や肩コリがひどいといった症状が正常眼圧緑内障の患者には多いようです。

漢方の観点から考えると、「気」「血」「水」のバランスが崩れて体のめぐりが悪くなっているということ。それが房水の流れを滞らせたり、視神経に障害を与えたりする一因になっているとも考えられるのです。

また、中医学では目は肝臓や腎臓の影響を受けやすいと考えられています。肝臓は血液をつくる場所であり、また腎臓は水を調整する場所です。ここの機能が衰えると体のいたるところに支障をきたし、特に目が影響を受けるとされます。

漢方の力を借りることで、目や体の基本となる部分を改善し、房水の代謝をよくしたり視神経など目の機能に必要な栄養を与えたりして、緑内障の治療につながると考えられます。

緑内障治療に注目を集める漢方「アワビ(石決明)」

緑内障に効果が期待される漢方はいくつかあります。

なかでも、最近注目を集めているのがアワビを乾燥させて粉末状にした「石決明(セッケツメイ)」という漢方です。

健康関連の雑誌などにも、「アワビの粉末を飲み続けたら緑内障の進行が抑えられた」「視界がよくなったような気がする」といった声を、よく見かけます。

石決明は「肝機能を整える作用があって目を良くする生薬」

中国の漢方薬書にも記載されており、緑内障や白内障といった目の疾患をはじめ、眼精疲労、視力低下、かすみ目、充血などの症状を緩和する薬として古くから用いられています。

こうした効果が期待されているのは、アワビに含まれる成分が大いに関係しています。

例えば、「タウリン」には弱っている肝機能を正常に戻す作用があること、「亜鉛」は代謝を促す酵素の生成にかかわっていること、さらにタンパク質の一種である「コンキオリン」は視神経や網膜など目を構成するコラーゲンの生成を促進させること…など、緑内障治療に期待できる栄養成分が多く含まれています。

石決明は漢方薬局などで入手できますが、これを配合したサプリメントも市販されており手軽に入手できますから、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

東洋医学に基づいた漢方サプリメント5選

まだある!緑内障治療に期待できる漢方

アワビ以外にも、緑内障の方に効果が期待できる漢方はいくつかあります。ここで、代表的な漢方を紹介しましょう。

真珠

「目を明らかにする薬」として、古くから目の疾患に用いられてきた真珠。目に良い有機物やミネラルなどがたくさん配合されています。

菊花

眼病や目のトラブルから生じた頭痛、めまいなどの症状改善にも有効とされます。視神経を正常にはたらかせるビタミンB群も豊富です。

枸杞子(クコシ)

「ゴジベリー」として健康食品でも人気。副交感神経に刺激を与える成分が血流を改善し、視神経の強化や眼圧の低下などが期待されます。

エビスグサ

種子の「決明子(ケツメイシ)」が漢方。緑内障や白内障、夜盲症、結膜炎など、古くから目の疾患に用いられてきた生薬です。

ツルレンゲ

ツルレンゲのエキスが血管内皮細胞にはたらきかけ血流をよくするほか、肝臓や腎臓の機能を助ける効果も期待されています。

山茱萸(サンシュユ)

肝臓や腎臓にはたらきかける作用がある成分が豊富。血管の拡張や血流の改善、眼圧の低下などの効果も期待されています。

女貞子(ジョテイシ)

中医学書に「肝機能を高め目の病を改善する」生薬として紹介されています。神経系にはたらきかけ、視神経を強める効果もあるそうです。

紫イペ

ブラジル・アマゾン川流域に自生する樹木で、この樹皮に緑内障治療に有用な成分が豊富といわれます。血流改善、肝機能の改善などの作用も認められています。

マリーゴールド

ヨーロッパでは万能薬として知られるマリーゴールド。ルテインという成分が、眼精疲労、視力低下などに効果があるそうです。