HOME » 緑内障への効果が期待できる漢方成分 » 女貞子(ジョテイシ)

女貞子(ジョテイシ)

養肝明目で目にもはたらきかける「女貞子」

モクセイ科の常緑小高木である女貞子(ジョテイシ)は、公園や生け垣などに生えている木としても身近な存在です。

冬になると小粒のブドウのような色の実をつけることから、「冬青子」という別名や「唐ネズミモチ」という名でも知られています。

女貞子を焼酎に漬けた「女貞酒」は滋養強壮の薬用酒として人気があり、足腰の筋力低下、若白髪、老化防止などに効果があるそうです。

また、女性ホルモンの分泌にもはたらきかけることが認められており、腰やひざのだるさの改善もあるとされることから、更年期の女性にも人気がある生薬でもあります。

漢方では、肝臓や腎臓にはたらきかける作用があることから、緑内障をはじめ目の疾患にも効果が期待されています。

女貞子の効能

中医学書では、女貞子は「養肝明目」と説明されています。これは、肝臓の機能を高めることで目の疾患なども改善するということ。肝臓と目には深い関係があるというのが東洋医学の基本です。

また女貞子には、神経系にはたらきかける作用があり、視神経を強めることによって緑内障の症状の進行を抑えることも期待できます。

このほか、視力低下やかすみ目といった目の病に対しての効能や、めまいの改善などの効能もあるようです。

女貞子の有効成分

オリーブにも多く含まれ、強心・利尿作用のあるオレアノール酸のほか、ウルソール酸、マンニトールなど多くの有効成分が含まれています。

オレアノール酸

神経系や内分泌系に作用する成分。視神経にはたらきかけることで緑内障の進行を遅らせることも期待できます。

オレアノール酸にはこのほか強心作用、抗がん作用があるほか、抜け毛を予防する育毛効果についても注目を集めている成分です。

ウルソール酸

ウルソール酸は、リンゴやローズマリーなどにも多く含まれる成分。抗炎症作用があり、血糖値やコレステロール、中性脂肪値を下げる効果もあります。

マンニトール

組織や細胞内に含まれる水分を引き出す作用があり、利尿作用を促進させる成分です。