真珠

美容と健康の生薬として活用される「真珠」

真珠は古くから美容に関する薬として用いられています。クレオパトラが、真珠を粉末化した真珠末をブドウ酒に溶かして飲用していたという話は有名です。

また、中国では長寿の薬として用いられ、楊貴妃も愛用していたといわれています。

このように、真珠といえば美容効果について知られていますが、薬用としても多用されています。

中医学において、真珠は「珍珠(チンジュ)」という生薬名で呼ばれ、解熱や鎮静、 滋養強壮、不眠、結核の治療などに有効だとされ、塗薬や内服薬も数多く出ています。

実は、緑内障など目の疾患についても効能があることも、古くからいわれているのです。

真珠、真珠末の効能

漢方では、真珠や真珠末は「目を明らかにする」生薬として、目の疾患に有効だとされています。効能としては、目の充血、痛み、角膜の混濁などがあります。

また、精神安定的な効能もあるとされ、「本草綱目」という中国の薬学著作にも、その有用性が指摘されています。

ところで、真珠は日本でも目の疾患に有用だと古くから用いられてきました。

19世紀にドイツの医師でもあったシーボルトの著書「江戸参府紀行」に、「日本や中国の医師は、真珠を眼病・耳痛・痙攣などの病気にすすめる」という内容を記載しています。

こうしたことから、真珠を粉末にした真珠末が点眼薬(目薬)にも使われており、また西洋医学の目薬にも真珠の成分が用いられています。

真珠の有効成分

真珠の成分は、約90%が炭酸カルシウムで、このほか有機物やミネラルなどがたくさん含まれています。

近年の研究では、真珠に含まれるコンキオリンという成分も有用だとわかってきています。

炭酸カルシウム

炭酸カルシウムは、骨や歯をつくる作用のほか、体液を調節するはたらきを持っており、緑内障の一因とされる房水(ぼうすい)についても、その作用が期待されています。

コンキオリン

コンキオリンとはタンパク質の一種で、アワビ貝の真珠層にも含まれている栄養素。コラーゲンの生成を促す作用があることから、水晶体や視神経、網膜など目を構成する組織にも重要なはたらきがあるとされています。