HOME » 緑内障への効果が期待できる漢方成分 » 山茱萸(サンシュユ)

山茱萸(サンシュユ)

肝腎にはたらきかける滋養強壮の生薬「山茱萸」

山茱萸(サンシュユ)は中国原産の落葉小高木で、日本でも庭木として人気のある身近な木です。

この木は、秋になるとまっ赤なグミ状の果実を実らせます。この実から種を取り弱火で熱して日干ししたものが、漢方で使われる山茱萸です。

日本では、この山茱萸をお酒につけ込んだ「山茱萸酒」が滋養強壮、強精作用のある薬酒として有名でしょう。

また、疲労や倦怠感などが著しいときに服用される「八味地黄丸(ハチミジオウガン)」という薬にも、山茱萸が使用されています。

このほか、糖尿病や免疫力の落ちている患者にも、山茱萸のエキスが有用だといわれています。

山茱萸の効能

漢方では、頻尿や夜尿の改善や慢性的な下痢止め、汗や出血を止める効能、視力低下などの効能があるとされています。

これらの効能が期待できるのは、肝臓や腎臓にはたらきかける作用が山茱萸にあるからです。

中医学では、山茱萸は「腎を補い、肝を温め、精を固め、気を秘す(「薬性提要」より)」ものだとされています。

腎臓や肝臓の機能を高めることで、房水などの体内にある水液を正常に保てるようになります。また、血圧降下の作用もあるとされ、緑内障などの目の疾患に対しても効果が期待できます。

このほかにも目の疾患では、かすみ目や視力の低下の改善、また、めまいや耳なり、難聴などの改善にも効果があるとされています。

山茱萸の有効成分

山茱萸の有効成分として、リンゴ酸やイリドイド配糖体、タンニン、没食子酸などが含まれます。

イリドイド配糖体

イリドイド配糖体には、モロニサイド、スウェロシド、ウルソール酸などがあります。これらの成分が心臓や血管にはたらきかけ、血管の拡張や血流の改善などによって眼圧の低下も期待されます。

タンニン類

タンニンには抗酸化作用があるため、活性酸素の除去や血管を強める効果があるとされます。また、脂質過酸化抑制や脂肪分解の阻害作用、抗ウイルス作用などがあることも報告されています。

山茱萸エキス

山茱萸エキスには、肝機能障害の改善作用があるほか、血糖値を下げる作用や免疫活性作用などもあります。