HOME » 緑内障とは?知っておきたい基礎知識

緑内障とは?知っておきたい基礎知識

緑内障とはどんな病気?

緑内障とは、眼球の圧力(眼圧)が高まることで視神経に障害を与え、視界が悪くなる病気です。

私たちの目(眼球)は、サッカーボールのように“一定の張り”があります。この一定の張りが保たれることで、視神経は正常にうごき「モノが見える」という状態になるのです。

ところが緑内障にかかると、眼球が通常よりパンパンに張り、視神経を圧迫するなど障害が現れ、モノが見えにくくなります。初期段階では見えないのは一部分ですが、症状が進行すると見えない部分が広くなり、やがて失明に至ります。

日本人が失明する原因の1位は、この緑内障なのです。

40代以上は緑内障になる確率が高くなる

緑内障とは、決して珍しい病気ではありません。

緑内障患者は全国に約200万人といわれます。特に中高年層に多く、40歳以上では全体の約5%、つまり「20人に1人」が緑内障にかかっていると、日本緑内障学会の調査で報告されています。

一方で、緑内障は自覚症状が少ないことでも知られています。自分には関係ないと思っていても、潜在的な「緑内障予備軍」はかなり多いと推定されるのです。

決して他人事ではなく、正しい知識を身に付けることが万が一のときに役立ちます。そこで、緑内障に関する基本的な情報を以下に集めました。

緑内障の原因

眼圧が高くなることで発症する緑内障。そのメカニズムについて詳しく説明します。また、緑内障の種類や、原因についても紹介します。

緑内障の症状

一般的には「視界がだんだん狭くなり、やがて失明する」という認識のある緑内障。それ以外にも、さまざまな症状が挙げられます。疑いのある症状をまとめました。

病院での緑内障治療の流れ

緑内障の疑いがあれば、専門の医療機関で検査をする必要があります。その流れと、緑内障だと診断された場合にどのような治療法があるのかをご案内します。

緑内障で処方される薬品

緑内障の治療にもっとも多く使用されるのが、点眼薬(目薬)です。処方される点眼薬は、症状や緑内障のタイプによっても異なります。点眼薬の種類や、使用する際の注意点をまとめました。

様々な目の病気とその症状・効果が期待できる栄養素を解説

緑内障以外にも目の病気や症状は様々なものがあります。代表的な症状と目の病気をいくつかまとめましたので参考にしてみて下さい。

また、症状の緩和や病気の予防が期待できる栄養素をご紹介しています。

黒い線や点がうごめいているように見える「飛蚊症」

視野に黒い線状や点状の虫の様なものが見える症状は「飛蚊症(ひぶんしょう)」と言われ、原因の多くは加齢などによる生理現象と言われています。

眼球には、ほとんどが水分でできたゼリー状の膜がありますが、加齢などが原因でその膜が濁ってくると、わずかに含まれていた繊維が影として見えることがあります。

それがこの「飛蚊症」です。 線状や点状の他にも、虫やらせん形など見え方は様々。生理現象によるものがほとんどですが、治療が必要な病を患っている可能性も一部ありますので、飛蚊症の心当たりがある方は一度眼科で見てもらいましょう。

参照元:日本眼科学会:飛蚊症

アワビに多く含まれる亜鉛や真珠たんぱくがおすすめ

飛蚊症にはルテインという成分が効くと言われていましたが、近年話題になっているのは「亜鉛」や「真珠たんぱく」です。

これらはアワビに多く含まれる成分で、最近注目を集めています。

視界の中心部が黒く歪んでいるように見える「加齢黄斑変性」

視野の中心部分が暗く歪んで見える症状は「加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」かもしれません。

朝起きて左右どちらかの視界が黒く曇ったり、本を読んでいて中心部の歪みが気になったことがある方は注意してください。

症状は出る時と出ない時があるので意外と見過ごしがちかもしれませが、放っておくと失明する恐れもある病気です。

多くの場合、原因は加齢によるものと言われています。網膜の中心にある黄斑部の抗酸化物質が加齢とともに減少し、視界に歪みが生じたり中心が黒く見えたりします。

欧米では失明の原因1位にもなっている「加齢黄斑変性」。近年は日本でも増加傾向にあり、女性よりも男性の方が発症しやすいことも分かってきているようです。

抗酸化ビタミンや亜鉛をとりましょう

喫煙習慣のある人は特に注意が必要です。日頃から生活習慣や食生活に気を付けることが「加齢黄斑変性」の予防に繋がります。

ビタミンA、E、Cなどの「抗酸化ビタミン」や、魚介類に多く含まれる「亜鉛」を積極的にとりましょう。

視界が白っぽく眩しく感じる「白内障」「ぶどう膜炎」

視界が白っぽく見えたり眩しく感じたりする場合は、「白内障」「ぶどう膜炎」の可能性があります。

白内障は、眼球の水晶体が濁ってしまうことにより起こる病気です。主に加齢が原因とされていますが、他にも外傷性や糖尿病、薬やアトピーなどが原因というケースも。

放置すると悪化する可能性もありますので、すぐに眼科で検査してもらいましょう。 また、ぶどう膜炎は目の中の血管が炎症を起こしてしまう病気。

多くは感染症によるものが原因とされています。眼科での治療が一般的ですが、再発率が高い病気ですので、眼科でこまめに検査してもらって下さい。

漢方成分や亜鉛を摂取することが予防につながる

目のかすみ、ぼやけ、眩しい、といった症状は、ドライアイや眼精疲労が引き起こした症状の可能性もあります。眼科で検査して特に異常がなければ、生活環境の見直しも必要でしょう。

「白内障」や「ぶどう膜炎」は、タカサブロウ、ナルコユリ、菊花などの漢方成分や、亜鉛が多く含まれた魚介類で食生活からの予防が期待できます。

視界が狭い・視野が欠ける病気は緑内障以外にもある

視野が欠けたり視界が狭く感じたりする症状は、緑内障の他に

  • 網膜剥離(もうまくはくり)
  • 加齢黄斑変性
  • 中心性しょう液性網脈絡膜症(えきせいみゃくらくもうまくしょう)
  • 網膜動脈閉鎖症(もうまくどうみゃくへいそくしょう)

などの可能性があります。 また、直接的な原因が目ではなく脳にあるケースも。

その場合は、「脳梗塞」「脳腫瘍」などの可能性が疑われます。 どんな症状でも、異変を感じたらまずは眼科での診察をおすすめします。

漢方やタウリン・亜鉛などによる効果が期待できる

予防や症状緩和の効果が期待できると言われている栄養成分は、ツルレンゲや真珠、クコの実やエビスグサなどの漢方です。 アワビに含まれるタウリンや亜鉛、コンキオリンなども近年注目されている成分です。