HOME » 緑内障とは?知っておきたい基礎知識 » 病院での緑内障治療の流れ

病院での緑内障治療の流れ

まずは病院で診断

緑内障治療の方法と流れを紹介します。

緑内障は自覚症状を感じにくい病気ですから、まずは眼科などの専門機関で検査をするのが緑内障治療の第一歩となります。主な検査は、以下の4つが挙げられます。

眼圧検査

緑内障は、眼球の圧力(眼圧)が通常より高くなることで発症する病ですので、眼圧検査はどの医療機関でもおこないます。

検査方法は、空気眼圧計と呼ばれる機械で圧縮した空気を吹きかけて測定する方法や、眼球に機械を直接あてて測定する方法などがあります。

眼底検査

視神経の障害を調べる検査です。眼球内にある「視神経乳頭」を見ることで検査ができ、緑内障患者は、この乳頭の凹みが通常より大きくなります。この大きさから進行度合いも測定されます。

検査方法は、光を当てて測定する方法や、3D画像解析装置を用いる場合などがあります。

視野検査

文字通り、視野の範囲を調べる検査です。検査方法には2種類あり、まず視野の中心部分を測定する「静的視野検査」と、外側を含め全体を調べる「動的視野検査」があります。

具体的な検査内容は、機械のレンズをのぞいて小さな光が見えたらボタンを押すという作業の繰り返しです。これによって、どの部分が見えているかが判明します。

隅角(ぐうかく)検査

隅角とは、房水(ぼうすい)の排出にかかわり、眼球の圧力を調整する器官の一つです。検査用の特殊なコンタクトレンズを眼球に押し当てて、隅角の状態を観察します。

なお、検査前には点眼麻酔をしますので痛みを伴うことはほとんどありません。

緑内障治療の方法

これらの検査で緑内障と診断されたら、治療を始めることになります。

薬物療法(点眼薬)

もっとも多い治療法は、点眼薬(目薬)を用いた薬物療法です。

点眼薬にはいくつかの種類があります。最初は1種類で試し、効果が薄ければ点眼薬を変える、または複数の点眼薬を組み合わせるなどしながら、眼圧を抑えて症状の進行を抑制します。

レーザー治療

点眼薬だけでは眼圧が抑えられない場合、レーザー治療が薦められます。

眼圧は房水という液体によって調整されており、この液体がうまく排水されないと眼圧が高くなります。

レーザー治療では、房水の排出を促進させたり流れを変えたりすることで、眼圧を抑えます。

手術

レーザー治療でも効果が見られなければ、残るは手術のみです。手術の方法は症例にあわせて選ばれます。

ただし、手術の目的は眼圧を抑えること(=緑内障の進行を遅らせること)であり、視界を取り戻すことではありません。

また合併症の危険や、通院など定期的に管理することも必要で、必ずしも改善するとはいえないので承知しておきましょう。