HOME » 東洋医学に基づいた緑内障対策

東洋医学に基づいた緑内障対策

東洋医学にも緑内障治療の方法がある!

眼科医など専門の医療機関では、西洋医学にもとづいて処方をおこなうのが基本です。

緑内障の場合、点眼薬(目薬)、レーザー治療、手術といった治療法があります。

実は東洋医学にも、緑内障治療に関する研究が古くからされています。古代医学書「鍼灸大全」などによると、緑内障は「青風内障」と呼ばれ、針灸やマッサージなどの処方についても説かれているのです。

もっとも、西洋医学と東洋医学とでは、少し考え方が違います。ピンポイントの患部に対して処方する西洋医学に対し、東洋医学では「気の流れ」や「体のめぐり」といった全身の滞りを改善することからアプローチしていき、体質改善することで患部にもいい影響を与えるという医学。いわば、体のバランスを保つことであらゆる病気の根源を断とうといった考え方なのです。

緑内障は、治療法があっても現代医学では完治できません。しかし、症状がこれ以上進行しないように抑えることはできます。点眼薬などのほかにも「自分でできることがあれば試してみたい」と考えている方も少なくないでしょう。

医師から処方された薬を正しく使用するのはもちろんですが、東洋医学の良い点も生活に交えながら、それぞれの得意なアプローチで緑内障と向き合っていくことも検討してみてはいかがでしょうか。

東洋医学に基づいた漢方サプリメント5選

東洋医学の観点から見た緑内障治療例

食事

一般的に目に良いとされる食材や栄養素ではなく、東洋医学の観点からみて緑内障に効果が期待できる栄養素をご紹介します。

運動

運動不足は体のめぐりやバランスを崩し、緑内障の進行を早めてしまうと考えられます。適度な運動をおこない、バランスを崩さないようにしましょう。

ツボ押し

人間の体には「肝経」や「胆経」など経脈(代謝物質の通り道)があって、その上にツボがあります。緑内障など目の疾患に効果が期待されるツボをいくつかご案内します。

鍼灸

東洋医学の先進国である中国では、鍼灸と緑内障について古くから研究されています。眼科医の世界でも、注目を集めている鍼灸治療。その理由を紹介します。

気功

病気の治療や健康増進が目的の「養生気功」。緑内障など目の疾患についても対処法があります。それが、パーミング(眼の照気法)です。

【番外編】ヨガ

心に安らぎを与え、臓器や神経などをコントロールするヨガ。目に良いポーズもたくさんありますが、緑内障の方にとっては眼圧を高めるポーズもあるので要注意です。