ツボ押し

ツボと緑内障の関係

眼圧は正常なのに緑内障という患者の特徴として、血行が悪いという共通ポイントがあります。

緑内障と血行不良の直接的な因果関係は解明されていませんが、東洋医学の観点で考えると、血行不良が体のめぐりを悪くし、緑内障などの病をもたらす一因になると考えられています。

特に「肝経」や「胆経」、すなわち肝臓と胆のうは目と深い関係があり、ここにツボ押しなどを施すことで血液や水液のめぐりを改善し、目にも効果があるとされています。

緑内障にも効果が期待されるツボとは

肝経や胆経に影響を与え、緑内障などの目の疾患にも効果が期待されるツボを、いくつかご紹介しましょう。

行間(こうかん)・太衝(たいしょう)

足の甲にあるツボで、肝経と胆経の主要穴(ツボ)。行間は、足の親指と人差し指の間付近、太衝は行間より足の甲の中央部あたりに位置するツボです。

陽輔(ようほ)・光明(こうめい)

すねの外側に位置するツボです。陽輔は胆経のツボで、外側のくるぶしから指4~5本くらい上にあります。

光明も胆経で、陽輔のさらに指2本ほど上にあり、疲れ目やかすみに効果があるとされています。

脳戸(のうこ)

後頭部の中央部にあるくぼみに位置する脳戸。水液の流れや血行を良くするツボといわれます。

攅竹(さんちく)

攅竹は眉間にあるツボで、ちょうどまゆ毛の生え際あたりに位置します。一般的には視力回復や老眼、目の充血に効くといわれますが、このほか頭痛やめまいなどにも効果があるとされます。

承泣(しょうきゅう)

下のまぶた、骨のふちにあたる部分のツボが承泣です。緑内障をはじめ目の疾患によく効くツボとされ、熱冷ましや腫れを抑えるときにも、このツボを刺激するとよいとされます。

緑内障に深い知識があるツボ治療院

ツボ押しは自分でもできるものですが、その道のプロにやっていただくと効果が全然違います。

ここでは、緑内障についての知識があるツボの治療院(マッサージ師)をいくつか紹介します。

一楽足ツボ療法院(東京)

足つぼ専門店で、緑内障患者の協力を得て足つぼと眼圧との関係を調べています。それによると、患者は病院での治療も受けていますが、足つぼマッサージを続けることで眼圧は正常値に抑えられたそうです。

はり灸マッサージ 千里堂治療院(東京)

頭や首、目の周りの血流を改善することにより、目の細胞や視神経を活性化させることで、緑内障の進行や悪化を抑えるツボ押し治療をおこなっています。

日本リバース大阪院(大阪)

目と耳の疾患に特化した整体院。緑内障はもちろん、視力回復、難聴などに対して、ツボ押しなど全身を施術してくれます。